リアップの副作用を理解しよう|諦めないAGA治療作戦

男性

主成分のミノキシジル

男性

薄毛の治療を行なう方法としてリアップなどがあります。リアップは治療薬として分類されることもあるもので、成分にはミノキシジルを含んでいます。ミノキシジルはAGAの治療薬としても有名なもので、主に外服薬として用いられます。最近ではミノキシジルタブレットなども登場していて、更に薄毛の治療がしやすくなっています。そんなAGA治療の救世主のミノキシジルを配合したのがリアップで、それなりの効果が確認されています。しかしながらWEBで検索してみるとリアップの口コミなどに副作用という文字を見かけることが有ります。勿論どんなものでも副作用はあるわけなので勿論リアップにもあります。ただしこの副作用というのはミノキシジルを含む医薬品全般に言えることで、特別恐れる必要はありません。
まずリアップの副作用を知るためにはミノキシジルの副作用に関して知る必要があります。ミノキシジルやフィナステリドなどはAGA治療薬としてセットで用いられる事が多いですが、元々はAGA治療薬として開発されたわけではありません。ミノキシジルの場合は血圧を抑えるために開発された降圧剤で、高血圧の方が服用する目的で処方されていました。しかし副作用として髪が成長するという症状が見られたため、ミノキシジルがAGA治療薬として用いられるようになりました。そのためミノキシジルは血圧を下げてしまうという元々の開発目的の作用を表します。これが副作用に直接関係してきて、元々が低血圧の方が間違ってリアップを使用してしまうと更に低血圧が進んでしまいます。こてによって慢性的な低血圧症になってしまうことも有り、場合によっては正常な血圧を維持できずに生命維持も難しくなる可能性があります。当然心臓にも負担がかかるため、心臓の負担が大きくなり疾患を患ってしまう可能性も考えられます。リアップは塗布型の製品なため直接的に体内に吸収されることはないです。しかしながら皮膚からミノキシジルが吸収されることもあり、副作用が起こる可能性もあります。リアップで副作用を起こさないためにも、必ず利用の前にはしっかりクリニックなどで確認する必要があり、安易に利用するのは止めるべきといえるでしょう。